タマネギの収穫

タマネギの収穫自宅で種をまき苗にしたタマネギの苗を昨年の秋に畑に移植し、冬場を超えて春先から急激に成長したタマネギを収穫いたしました。

タマネギの収穫の目安はタマネギの葉っぱが萎れるというのが目安です。

私の畑のタマネギも他の方と同じように葉っぱが萎れましたし、天気予報では梅雨も間近ということでありますし、

天候も晴天でありましたし、さわやかな風が吹き渡るタマネギ収穫には絶好の日和で有りましたので収穫を済ませました。

タマネギは収穫後、タマネギの大きさにもよりますが大体5玉位を一束として雨の当たらない軒下などに吊して乾燥させます。

軒下が邪魔にならなければ、そのまま放置して必要分ずつ使用消費する訳ですが、軒下がタマネギを干していたのでは邪魔という時は乾燥が大まか出来た時点で箱に入れ風通しの良い場所で保管します。

少し保管について話し増したが、小さな種をまきタマネギ苗にするまで、枯らさないように毎日水やりが必要であり、かなりの苦労が必要で。

そういった苦労して育てた苗を秋に植え、植えたタマネギが、ソフトボール位のタマネギに成長し収穫をすることが出来たことが最近嬉しく思ったことであります。

それと同時に土と水と太陽のありがたさを改めて知った次第です。