主人の出演する落語会に行きました。

主人の出演する落語会に行きました。主人は学生時代から、落語をやっています。
リタイアした今では、地域で「落語講座」の講師をしています。

落語仲間のみなさんと組んで開催する年2回の「定例落語会」へ行きました。
プロの方をゲストにお願いして、地域に広く知られた入場無料の「落語会」です。

地域の大ホールを借りての開催です。
お年寄りの方が、たいそう楽しみにしてくださり、開場前から入場待ちの列ができます。

主人が出演するので、わたしも一応、関係者です。
入場の際には着物を着て、お迎えに並びます。

開場してしまえば自由に落語を聞いていてよい立場です。
素人の出演者もお上手ですが、やはりプロの方は違います!

お客さまに遠慮して、すみのほうの席に着き、プロの方の落語を楽しみます。
なかなか寄席までは出かけませんが、この年に2回の「落語会」はとても楽しみです。

主人が参加するようになってからは、10年弱ですが、来年には50回目を迎えるそうです。
その時にはきっと今まで以上の催しになるのだろうと今から楽しみにしています。

年に2回ではありますが、もうたくさんの落語家の噺を聞きました。ごひいきの落語家もできました。

午前・午後の部がありますので、二人で2回づつ、プロの噺を楽しみました。
たくさん笑って、気分が上がって良い日でした。